後祭山鉾巡り

祇園祭の前祭が終わって
後祭の京都、暑い毎日です。
今年は巡行が月曜日で
宵山は日曜、宵宵山が土曜なので
週末はすごく混み合うと思って
金曜の夕方、山鉾巡りに出かけました。


b0086909_00515992.jpg


後祭の〝鉾〟は大船鉾だけ、
あとの9基は〝山〟です。
〝鉾〟と〝山〟の違いは
20数メートルの真木と言われる
長い鉾が立っているのが〝鉾〟で
真木の代わりに松の木が
飾られているのが〝山〟。


b0086909_00390596.jpg



豪華な装飾の北観音山、
松の木の高さまで15メートル!

巡行の日、山鉾には御神体が飾られますが
当日までは各町内で祀られています。
山鉾によって祀られるものはいろいろで
鳥や鯉、人形だったり。


b0086909_12045094.jpg



浄妙山は、平家物語の宇治川合戦を
題材にした〝山〟で
その一場面が御神体です。


b0086909_13441906.jpg



黒主山は御神体の人形が
桜の花を仰ぎ眺めるという設定なので
〝山〟には満開の桜。

通りから細い通路を入って、お会所へ。


b0086909_22245043.jpg



普段は閉め切られているので
ここを通れるのは祇園祭の時だけ。
閉じられていると気づかずに
通り過ぎてしまいそうな入り口です。

八幡山のお会所の入り口は
八幡さんのシンボルの鳩が目印。


b0086909_00170777.jpg



八幡山は、何故か八幡宮が祀られていて
巡行の当日は、なんと総金箔の社殿が
〝山〟の上に飾られるのだそう。

御朱印にも2羽の鳩♪ 
かわいい~


b0086909_00260950.jpg


各山鉾町のお会所では
粽や御守りなども販売されていて
父のお土産にうちわを買いました。


b0086909_09420428.jpg


宵山時期には旧家や老舗が
披露する美術品や工芸品などの
お宝を観て廻るのもおもしろいです。


b0086909_01082450.jpg



格子戸から向こうの通りまでが見えて
ウナギの寝床と言われる京町屋の造りが
よくわかりますね。

1100年前に始まったとされる祇園祭、
きらびやかな美術工芸品で飾られた
重要有形民族文化財の山鉾の巡行は
まさに、動く美術館。
京都ってすごいを、改めて実感です。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by aubongout | 2017-07-21 23:01 | お出かけ | Comments(0)

Merci! Masami


by Masami-abg
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30